店長ブログ

SAQRA、クランクゴルフ、スクラッチ等のカスタムゴルフクラブの組立・販売。 フライトスコープ導入店。

アーノルド・パーマー招待 パート3

前回に引き続き、アーノルド・パーマー招待で目撃したスコッティキャメロンのツアーモデルの画像をアップします。 付け替え用のウェイトも無造作に地面に転がっていました。(汗)

20140319_130532.jpg

はじめは、ニューポート R&D Proto ツアーラット?

20140319_130640.jpg20140319_130630.jpg

そして、一番迫力があったのは、下のフューチュラ X です。 こいつは珍しいと思いましたが、皆さん如何でしょう?

20140319_130722.jpg20140319_130711.jpg20140319_130734.jpg

下のヘッドカバーが目についたので、バッグから抜いてみると、何やらレングス可変式の中尺パターが出現! ロックナットを開閉して長さが調節できるようです。 グリップもごつい感じのものですが、ヘッドは変哲のないGoLo でした。

20140319_130845.jpg20140319_130929.jpg20140319_130921.jpg

さ て、話がプロアマ戦からキャメロンに逸れまくりましたが、下の写真左側が今年の同伴プロのジェイソン・コクラック選手。 「気の良いやつ」という感じで、 アマにも気を遣い、パットのラインも読んでくれたりしました。 ドライバーはスリクソン Z525にミヤザキのシャフト、とても気になったのは、3番ウッドに入っていたシャフトです。

kiyoshi-black-5127-p.jpg

聞いたことはありましたが、使ってる人を見たのは初めて。(汗) 無差別級ともいえるジェイソンのスイングに耐えられるのですから、超しっかり目のシャフトなのでしょう。 恐らく、ライン中一番重たいスペックのXで間違いないでしょう。 HPにはトルク2.7とあります。


ま たまた道具の話に逸れてしまいましたが、結局のところ、チームとしてのスコアは7アンダー。 ちなみに、優勝チームは14アンダーでした。 完璧とまでは 行きませんが、これといった粗相もなく無事18ホール回り終えることが出来ました。 やはり、ロープの内側をしかもプロ同伴で回れる(キャディーという立 場でも)というのは大変貴重な経験です。 依頼があれば、是非来年も担がせて頂きます。(笑)

20140319_162441.jpg

トラックバック(0)

コメントする