店長ブログ

SAQRA、クランクゴルフ、スクラッチ等のカスタムゴルフクラブの組立・販売。 フライトスコープ導入店。

トムウィッション 939AHT ドライバー

  • 投稿日:
  • by

今回はPGAショー スペシャルレポートはお休みして、トムウィッション待望のアジャスタブルヘッド、939AHT の紹介です。

939aht.jpg

クラウン部はガンメタ塗装のようですが、今回はじめて黒塗り?のフェースで登場しました。 シャフトはツアーADのMTか、フブキのZTあたりを考えています。

939aht-top.jpg939aht-face.jpg

面白いのは、大手がこぞって採用している、ソールからボルトと「カチャカチゃ」レンチを使ってスリーブを固定するかたちは採らず、ホーゼル外側にネジ山を切ってキャップを締め込むという全く新しい発想でアジャスタブルとしている点です。 フィッティング目的で使用される、Spiralock(スパイラロック)というネジ式のコネクターがありますが、どうやらここからヒントを得たのではないかと思います。

939aht-design.jpg

トムウィッションのお家芸である、ホーゼル内部のウェイトポートに加え、ソール後方に脱着可能のウェイトも装備。 OEM レベル、またそれを越えたと思われる完成度に到達しました。 下がスペック表になりますが、非常に分かりづらくなっています。 ひとつ目の表(左上)が自然にソールした際の各ホーゼルポジションで得られる値。 その下がロフト11度のヘッドをスクエアに構えた状態での各ホーゼルポジションで得られる値。 右上はロフト9.5度のヘッドを同じくスクエアに構えた状態での各ホーゼルポジションで得られる値。 

939AHT-Specs.jpg

トラックバック(0)

コメントする