店長ブログ

SAQRA、クランクゴルフ、スクラッチ等のカスタムゴルフクラブの組立・販売。 フライトスコープ導入店。

2014 PGAショー スペシャルリポート2

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

ビッグバーサの再来で大いに盛り上がっているキャロウェイ。 ニュートンくんも若返って戻ってきました!(笑)

2014_01230291.jpg

一番の注目は、こちらビッグバーサ アルファ。 ミケルソン、遼くんなどもスイッチしたようですね。

2014_01230258.jpg2014_01230259.jpg2014_01230260.jpg

ソールのスクリューを外し、筒状のウェイト(グラビティコア)の向きを変えて装着するだけで重心を3ミリ下方へ移動します。 結果、スピン量を最大600rpm 減らすことができるとか。 よく、「フェース中心より少し上で打つと一番飛ぶ」と言いますが、これはフェース上部のギア効果を利用しスピン量が抑えられ、滞空時間の長いドロ~ンとした打球になるためです。 このドライバーでは、フェース真ん中で打った場合に前述のギア効果が得られるような重心位置の調整が出来るようになったのです。 実に画期的です。

2014_01230263.jpg

ロフトとフェースアングルをも調整できるアジャスタブルホーゼル採用していますので、カスタマイズの幅は広いです。

2014_01230265.jpg

アルファが中・上級者向けなら、下のビッグバーサはより幅広い層を対象としたモデル。 アルファはフェースの縦方向の打点に注視していますが、こちらは横方向からコンセプトを導き出しています。

2014_01230266.jpg2014_01230268.jpg

こちらの売りは、ヘッド後方に設けられたスライド式のペイメーターウェイティング。 どちらかというと、ドローあるいはフェードを意図して打つのではなく、スライスまたはフックに悩む人の曲がり抑えてスコアメイクに繋げるのが真の目的のようです。

2014_01230267.jpg

下の写真の通り、左のアルファは上級者好みの洋ナシ型、右のビッグバーサはコロンとした万人うけするシェイプ。

2014_01230270.jpg

下のAPEX Pro アイアンはフォージドでかなり良さそうです。 ポリマー(中央に写っている黒い樹脂のようなもの)をインサートすることでソフトな打感を実現。

2014_01230271.jpg2014_01230272.jpg

やや中途半端ですが、ここで一旦区切ります。 続きはのちほど。。。

トラックバック(0)

コメントする