グリップテープの要らない、全く新しいタイプのグリップが入荷しました。

2013_01200017.png

大手クラブもグリップも中国製、台湾製が圧倒を占めるなか、こちらは正真正銘 Made in USA 。 グリップの重量誤差というのは半端じゃなくて、通常プラマイ3グラムといわれていまが、そこは独自の技術で3分の一、つまりプラマイ1グラムまで低減しています。 耐久性も抜群で、どちらかというとベタっとした感触で雨天、手汗の多い方に威力を発揮します。

2013_01200019.png

冒頭にも書いた通り、このグリップ、なんとテープで貼る必要がないんです、もちろんグリップ液も不要です! では、どうやって装着するか。。。 答えは簡単で、必要なのは写真のようなコンプレッサーとエアーガンのみ。 初期投資といっても高が知れてますし、なにしろものすごい時間短縮が期待できます。 近いうち、実際の装着風景を動画にしてみるつもりです。

2013_01200021.png2013_01200016.png