今日は、予告通りScotty Cameron スタジオデザイン #1 カスタムのレポートです。

2012_08210023.png

昨日ちょこっと触れましたが、SS303 などのステンレス製のパターにはオキサイド等の酸化皮膜処理が効きません。 一方、このスタジオデザインシリーズは、カーボンスチール素材ですのでいろんなことが出来るというわけです。 とりわけ今回は、ブラックオキサイドの光沢処理を施しました。

2012_08210022.png

艶といい、色の深みといい、申し分ない仕上がりです。 ホワイト、テフロンに比べ錆が出やすいのは事実ですが、手入れさえ怠らなければ長く付き合えます。 使うほどに味が出てくることでしょう。。。

2012_08210021.png

今回始めてブルーとライムのペイントフィルをコラボさせたのですが、意外とイケてますよね。 かなり気に入ってるのでショップのコレクションとするか、ヤフオクブースで嫁ぎ先を探すか迷いに迷ってるところです。(汗)