ここひと月ほど、ハサウェイV4Dのフェースアングルをオープンフェースポジションで使っているのですが、ちょっと気になることがあるのでレポートします。

v4d_rposition.jpg

というのも、スパイン調整済みシャフトをニュートラルポジションで組んでいますから、オープンポジションに変更したことでスパインオリエンテーションが無効にになってしまっているのです。 当然グリップのロゴも左を向いてしまっています。

20120714_171643.jpg

シャフトを差し直せはいいだけの話ですが、ソケットも通常のものより太い専用のものを別途オーダーしなけれまなりませんしので、そう考えるとトムウィッションの739CCGのようなホーゼルを曲げられるヘッドのほうが便利だなぁと思ってしまったわけです。