PGAショーリポートでもご紹介した、スクラッチゴルフの取り扱いを開始します。

scratch_golf.jpg

クラブヘッドにおいて我々クラブフィッターができるのは、せいぜいロフト&ライ角調整ですが、スクラッチゴルフはプレーヤーのスイングタイプによりバンス角、オフセット、リーディングエッジ形状等をカスタマイズするそうです。 下記ユーチューブのメーカーPRビデオです。 ここに出演するドン・ホワイトという職人さんは、あのマクレガーに40年間勤続し、14セットのメジャー制覇アイアンを削り出したまさに巨匠の実績を持つ国宝級人物です。

 

スクラッチゴルフでは多種多様のゴルファーのスイングに対応する為のクラブ作りを行っています。 スイングタイプをクラブの入射角で3種類に分類しさらにソール形状も細分化、多くのゴルファーに対応できる体制を取っています。

 


まずは下の1018というフォージドウェッジをオーダーしてみようかと思います。

1018ds.jpg